« 拓郎とライブと私 | トップページ | ぐちゃぐちゃ鍋 »

2008年1月23日 (水)

ノートはどうなるの?

  1月22日付け某新聞より

文具770品目生産中止

『大手文具メーカーのコクヨは21日、日本製紙グループ本社による再生紙の古紙配合率偽装を受け、日本製紙製の再生紙を使ったノートや領収証など文具の生産を中止したと発表した。

ノートなど消費者に身近な商品を含め、今後も影響は広がりそうだ。生産を中止したのは、コクヨ子会社のコクヨS&T(大阪市)製造の文具で、ノート類約330品目を含め、領収証や履歴書などの紙製品、コピー紙計770品目。

コクヨ側は「古紙の配合率が実態と異なっていたことが分かり生産を中止したが、商品の提供をやめると利用者への影響が大きい」として、在庫商品については、購入者の了解を得た上で当面販売する。

古紙を一定割合以上、原料とした製品につける「グリーンマーク」など環境への配慮を示す表示を削除した商品を生産、2月上旬から順次販売できる見込みという。

コクヨは他の製紙会社の再生紙でも、偽装が判明すれば同様の対策を取るとしている。』

ん~消費者側からすれば単純に考えて、どんな配合率であってもノートとしての機能が果たせればそれでいいのですが・・。

まあそれがビジネスとくれば偽装ですからこれは大問題ですね。今後、消費者にとって大きな影響を与えなければよいのですがね。学生さんたちノートがなくなれば困っちゃいますよ~。

    (今日の一言、今年こそ『偽』から脱退してほしい。『真』でいきましょう)

|

« 拓郎とライブと私 | トップページ | ぐちゃぐちゃ鍋 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノートはどうなるの?:

« 拓郎とライブと私 | トップページ | ぐちゃぐちゃ鍋 »